ドクターケシミーの成分をチェック!副作用は?

未分類

メイン成分を分析!

ドクターケシミーは「これ一つでシミとエイジングケアの両方のケアができる」と話題の商品です。

口コミでも評価が高く在庫が少なるほど人気となっています。

しかし、ドクターケシミーは有効成分配合ですし効果が高いので、危険性や副作用が心配になる方も多いです。

当サイトではドクターケシミーの成分を調査し副作用の危険性があるような強い成分は含まれていないのかを紹介したいと思います。

敏感肌などで肌が弱く副作用が心配という方は当ページを参考にしてみてくださいね。

ドクターケシミーに危険な副作用はありません

ドクターケシミーは医薬部外品です。

医薬部外品とは厚生労働省の管轄の薬機法によって、その作用が認められた有効成分が一定以上の濃度が含まれている商品です。

一般の化粧品よりも有効成分配合の医薬部外品は効果が高く改善作用も高いのですが、有効成分として認可されるためには副作用の危険性が低いことが条件になっています。

そのため医薬部外品であっても安心して使うことができます。

また厳しい品質基準をクリアしているGMP工場で作られているので品質面でも安心することができます。

薬用プラセンタ

プラセンタとはお肌のターンオーバーを活性化させるといわれている成分です。古い角質をはがすと同時にシミのもとであるメラニン物質もはがしてくれます。

そのはたらきによりシミを予防することが可能なのです。

また、予防だけでなくお肌に透明感も与えてくれます。

若いうちに肌のケアをきちんとしていればメラニンは自然と消えていくのですが、お肌のケアをしていないとメラニン色素が蓄積ししみになってしまいます。

そんな蓄積しやすくなったお肌にもプラセンタはメラニンの生成を抑えてくれます。

セラミドとヒアルロン酸

セラミドはお肌の外側の刺激から守ってくれ、ヒアルロン酸はお肌の内側を守ります。

セラミドが少なくなっていると紫外線などの影響を受けやすくシミの原因物質をうみだしてしまいます。

セラミドは保湿力が高く、肌のバリア機能を高めてくれるので、紫外線や大気の乾燥など外部刺激から肌を守るのを助けてくれます。

ヒアルロン酸は皮膚内部で肌のうるおいを守ってくれており、肌内部(真皮層)のヒアルロン酸が減少するとハリや弾力、潤いの低下に繋がってしまうのです。

グリチルリチン酸2k

あまり聞いたことのない成分名ですがグリチルリチン酸2k(グリチルリチン酸ジカリウム)は医薬部外品に良く配合されている成分です。

グリチルリチン酸2kは抗炎症作用がありニキビや吹き出物対策のスキンケア商品にも含まれています。グリチルリチン酸2kは肌の炎症を抑えて肌トラブルを悪化させない効果があります。

12種類の豪華な植物エキス

ドクターケシミーには

  • カワラヨモギエキス
  • オウゴンエキス
  • チョウジエキス
  • オトゴリソウエキス
  • カモミラエキス
  • トウキンセンカエキス
  • ヤグルマギクエキス
  • ローマカミツレエキス
  • タイソウエキス
  • タイムエキス
  • カンゾウフラボノイドエキス
  • シナノキエキス

の12種類の植物エキスが含まれています。

自然由来のナチュラルな成分が好きという方でも安心して使う事ができます。

これらの植物エキスには乾燥、肌トラブル、肌荒れ、しわを防ぎ、さらに透明感を生み出すのをサポートしてくれます。

しかも、ドクターケシミーは臨床試験をしっかり実施して、美白・坑シワに対しての作用を確認、乾燥小ジワに対して改善が認められている成分となっています。

副作用が心配な危険な成分は入ってないので安心

今回ドクターケシミーの成分を調べましたが副作用が心配な成分は含まれていませんでした。

さらに肌への負担や刺激に繋がる心配もある7つの成分が無添加となっています。

  • パラベン
  • エタノール
  • 石油系界面活性剤
  • 旧表示指定成分
  • 合成香料
  • 合成着色料
  • 紫外線吸収剤

上記の物質がフリーの無添加処方なので肌が弱かったり敏感肌の方でも安心して使えます。

肌質との相性によってはアレルギーに注意

ドクターケシミーには副作用が出る成分などは含まれていませんが体質との相性や体調、生活環境によっては肌のかぶれやアレルギー反応が起こる可能性はあります。

痒みや赤み、ほてり、湿疹などが出た場合はすぐに使用を中止し皮膚科を受診してくださいね。

敏感肌など肌が弱い方で影響がでないか心配という方はいきなり顔につけるのではなく、腕の裏など目立たない部分でパッチテストをしてから使用するようにしてくださいね。

また、実際に使って感じた効果や口コミが気になるという方は当サイトの下記のページで紹介しているのでぜひ参考にして下さい。

ドクターケシミーの効果・口コミ

タイトルとURLをコピーしました