ドクターケシミーではシミは消えない?

ドクターケシミーでシミは消えないって本当?

ドクターケシミーは年齢肌の大敵である、シミや黒ずみ対策が出来るオールインワンジェルです。女性なら誰しもシミやくすみの無い透き通るような肌に憧れますよね。

そんな方に人気なのが有効成分が配合された医薬部外品『ドクターケシミー』です。

ただ、どんなに日焼け止めやUVカットのスキンケア用品を使っていても加齢と共にシミや黒ずみは出来てしまいますよね。

本当にシミや黒ずみが消えるの?

っと、疑問に思っている方のために、ドクターケシミーで本当にシミが消えるのかを配合成分や原材料を分析して調べてみました。

薄くなる可能性があるが予防がメイン

人間の肌は年齢を重ねると、新陳代謝(ターンオーバー)も衰え、メラニンの排出力が低下するので、注意を払っていても、どうしてもシミができやすくなります。

また、高齢になるとホルモンバランスの乱れから肝斑ができる方もいます。

ドクターケシミーには2種類の有効成分が含まれているので美白・ホワイトニング対策が出来ます。

2つの美白有効成分

メラニンの生成を抑制する『薬用プラセンタ』と、抗炎症作用でシミを予防する『グリチルリチン酸ジカリウム』が含まれています。

これらの成分はシミを消すというよりは、予防やこれ以上悪化させないという事に特化した成分です。

ただし、肌のターンオーバーを整える保湿成分はたっぷり入っているので、これ以上シミを濃くさせないことで、メラニンを含んだ細胞をターンオーバーで排出していき、シミを薄くさせる事は可能です。

もちろん、長年定着したメラニン(シミ)などは消えにくいです。逆にニキビや火傷痕などの比較的最近できた炎症後のシミなどは薄くなったり消えやすいです。

ポイントケアクリームと併用しよう

ドクターケシミーはこれ1本で黒色メラニン対策ができますが、頑固で目立つシミがある部位へのホワイトニングケアとしては、還元力の高いビタミンCやハイドロキノンが配合されたポイントケアクリームなどと併用するのもオススメです。

ドクターケシミーでメラニンに強い土台を作りながら、ポイントケアクリームで更なるシミ対策をしていくという感じです。

ただし、ハイドロキノン配合の化粧品の中には品質が不安定だったり、白斑などの副作用の心配がある商品もあります。また、こちらも必ずシミが消えるというワケではない点も注意です。

自宅ケアで限界を感じている方はプロに相談

市販の化粧品やコスメで上手くシミに対して効果を感じないなという場合は、美容のプロである美容皮膚科やクリニックの先生に相談するのも一つの手です。

シミに対してはレーザーや光治療によってシミを薄くしたり消すことが可能です。

ただし、それなりの費用が掛かりますし、クールダウンが必要な治療法も多く、少し敷居が高い印象です。その為、個人的にはまずは自宅ケアを行ってみて、自分の肌との相性を確認してからが良いと思います。

美白化粧品はまずは3ヶ月は使ってみて判断

人間の肌(表皮)はミルフィーユの様に重層構造になっていて下の層で生まれた肌細胞は徐々に押し上げられていき、角質層にただりついた細胞は垢となって剥がれ落ちていきます。

その間隔(サイクル)は人それぞれで、1か月弱の方もいれば3カ月以上かかる方もいると言われています。

その為、新しい化粧品を使う場合は、まずは3ヶ月以上使ってみることをお勧めします。

ちなみにサイト管理人みずからドクターケシミーを使って感じた効果や口コミは下記のページで紹介しているのでぜひ参考にして下さい。

ドクターケシミーの効果と口コミ

タイトルとURLをコピーしました